医師向け音声AIアシスタントの米Suki社、2000万ドルを調達

米国で音声で医療記録を作成できる音声医療AIアシスタントを提供するSuki社は、2020年3月4日にシリーズBラウンドでFlare Capital Partners、First Round Capital、Venrockなどから2000万ドルを調達したと発表。
音声で電子医療記録(HER)を作成することにより、医師の事務作業の処理時間を削減できる。
競合他社が同様のソリューションを高額な機器とソフトウェアとして販売しているのに対し、Sukiはスマートフォンやパソコンにアプリをダウンロードすることで安価に利用できるとのこと。
また、主要な医療業務用ソフトとも連携が可能。

この記事が良かったらシェア!