米国のスマートスピーカー所有率は増加中、複数台所有過半数、コロナで利用率が向上

NPRとEdison Researchが発表した最新のスマートオーディオレポートによると、米国でのシューマートスピーカー所有率は増加、コロナで在宅時間が増え、スマートスピーカーの接触率が増えた。

米国のスマートスピーカー保有率は24%、昨年から3%増加

所有するスピーカーはEchoが多い。過半数は2台持ち。Googleが2番

2台持ちのユーザーの多くはAmazon、Googleどちらも所有
過半数が2台持ち

スマートフォンでのボイスアシスタント利用率も増加

週1以上の利用者が63%、昨年より9%増加

スマートスピーカーでのオーtディオの利用が増加、スマホは減少

コロナで音声アシスタントの利用率が増加

コロナ流行以降は毎日の複数回利用者が増加

音声アシスタントのユーザーの期待値、ポジティブ評価が高い

調査資料はこちらから

この記事が良かったらシェア!