コトバデザイン、対話AIを作れるクラウドサービス、COTOBA Agent提供開始

コトバデザインは、5月11日より対話AI実行環境「COTOBA Agent」を法人向けに正式提供開始したことを発表。
「COTOBA Agent」は目的別にシナリオを作成することで、シナリオに沿ったユーザーとの自然な対話ができる対話AIを創ることができる。
産業分野音声アシスタントやコンタクトセンターでの一次対応、企業・自治体の窓口業務の自動化、ロボットやMaaSへの応用など、多様な用途の対話エージェント開発が可能になる。

サービス概要

COTOBA Agentは産業分野向け対話AI実行環境。高い自由度と運用の容易さを両立させたクラウドAPIサービスで、自由なシナリオ作成、カスタマイズ可能な意図解釈モデル、充実した開発支援ツールや運用支援ツールなどの特徴を備えている。
また、コアには同社が提供する音声認識OSSと同じエンジンが用いられ、高い透明性が確保や共通のエンジンによりクラウドサービスとOSSベースのローカル環境システムとの高いポータビリティが確保されているとのこと。

COTOBA Agent

プレスリリース

この記事が良かったらシェア!