パイオニア、Alexa、Apple CarPlay、Android Auto対応、スマホアプリの操作が可能なカーオーディオを2機種発売

パイオニアは、スマートフォンの主要機能を車載機のタッチパネルや音声で操作できる「Apple CarPlay」「Android Auto」に対応し、YouTubeを始めとした無料動画配信サービス再生やAmazon Alexa搭載などの車内エンタテインメント機能を充実させたディスプレイオーディオ2機種を発売した。

本機は、iPhoneやスマートフォンを接続するだけで、音楽再生やナビ、ハンズフリー通話など、「Apple CarPlay」「Android Auto」の各サービスをタッチパネルや音声で手軽に操作することができる。また、YouTubeを始めとした無料動画配信サービスなどお気に入りのサイトを専用アプリケーションにブックマークすれば、本機の大画面ディスプレイで高画質・高音質で楽しめるという。
また、市販ディスプレイオーディオ製品として国内初となる「Amazon Alexa」を搭載。多様なメディアの音楽再生や、ラジオ、ニュースなどさまざまな機能を音声で呼び出せる。
「DMH-SF700」にはフローティング構造を採用し、1DINのスペースに高精細なHD画質の9インチ大画面モデルを装着することが可能。 

主な特徴

スマートフォンとの連携を強化した多彩なエンタテインメント機能

iPhoneやスマートフォンと接続するだけで、「Apple CarPlay」や「Android Auto」の各サービスを本機で操作できる。スマートフォンのナビアプリを大画面に表示しカーナビとして使用できるほか、SiriアイズフリーやGoogleアシスタントによる音声認識にも対応、走行中でも画面を注視せずに目的地の検索や音楽再生、テキストメッセージの送信などが可能。

専用アプリ「CarAVAssist」でお気に入りのWebサイトをブックマークすれば、YouTubeなどの無料動画配信サービスを本機のディスプレイで再生可能。

ハイレゾ音源再生やHDMI入力※6など、多彩なメディアを高音質・高画質で再生

圧倒的な臨場感を実現するハイレゾ音源再生や、ハイレゾ音源をBluetoothで楽しめるLDACに対応。圧縮音源やネットワーク動画、映像ソースなどをハイレゾ音源相当にアップグレードするマスターサウンドリバイブ機能も搭載。
HDMI入力にも対応、メディアストリーミングプレイヤーの映像を高画質で再生できるほか、USBデバイスやポータブルHDDに保存したフルHD動画の再生も可能。

Amazon Alexaを搭載し、さまざまな音声操作が可能

市販ディスプレイオーディオ製品として国内初となるAmazon Alexaを搭載。本機に「アレクサ」と話しかけるだけで、天気やニュース、多様なメディアの音楽やラジオを聴けるほか、スポット検索なども行える。また、ユーザーの興味や用途に応じてAlexaスキルを使用すれば、車内から家のエアコンなどのスマート家電もコントロール可能。新たに本機専用「カロッツェリア スキル」を追加し、再生ソースの切り替えやイコライザー設定などのオーディオ操作を音声で行える。

その他の特長

  • 常用するアイコンのショートカット設定や画面レイアウトを好みに応じてカスタマイズできる先進的なインターフェース
  • ドライバーが入れ替わった際に、各個人で設定したホーム画面に自動で切り替わる「パーソナルHOME」
  • ハードキーに静電容量方式を採用するなど、洗練されたフルフラットデザイン
  • ディスプレイの位置(上下/左右/前後)や角度などを使いやすい位置に調整可能(DMH-SF700のみ)
  • バックカメラ接続対応に加え、駐車をアシストするガイド線の表示が可能
  • Bluetoothによるハンズフリー通話や楽曲のワイヤレス再生に対応※8
  • リアモニター出力端子(RCA)を装備
  • 「タイムアライメント」機能、「13バンドイコライザー」機能などの多彩なオーディオ調整能力 

プレス・リリース本文

この記事が良かったらシェア!