世界の感情検出・認識市場、2024年までに560億米ドル規模に成長、CAGRも21.0%を記録する見込み

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「感情検知・認識の世界 市場:技術別ソフトウェアツール別 ・活用領域別・エンドユーザー別・地域別の将来予測 (2024年まで)」の販売を5月15日より開始した。

世界の感情検出・認識市場規模は、2019年の216億米ドルから2024年までに560億米ドルに達し、CAGRは21.0%になると予測。社会的知識を持った人工エージェントへのニーズや、多要素認証を可能にする音声ベースの生体認証システムへの需要、世界的技術進歩や高い運用能力などへの要望が、近い将来、市場に有利に働くと見込まれている。

技術別では、自然言語処理技術が最も高いシェアを占める

自然言語処理(NLP)とは、人工知能(AI)のサブフィールドで、コンピュータが人間の言語(スラング、アクセント、短縮形など)を理解して、人間のような音声やテキストの生成を可能にする。人間の言語に基づいて、言語とデータを総合的に解析する。NLPは、翻訳、質疑応答、内容分類、品詞タグ付け、言語検出、構文解析、見出し語化・ステミング、意味推論などのタスクをコンピュータに実行させる。NLPを利用したアプリケーションは、音声認識、ジェスチャー認識、コンピュータ支援コーディング、データマイニングなど、さまざまなアプリケーションで活躍している。

ソフトウェアツール別では、表情認識セグメントが最も高いCAGRで成長する

表情とは、個人の認知状態、意図、性格、心理が入り混じったものであり、対人関係の中でメッセージを伝えるために良く使われている。また、顔の表情はジェスチャーでもあり、特定の言葉に反応する際、非常に役立ちます。顔認識ソフトウェアは、顔の表情から感情や反応を識別し、リアルタイムで結果を得られるため、感情検出・認識システムには欠かせないものとなっている。

地域別では、北米が最も高いシェアを占める

北米には、先進的なソリューションを提供する有名なプレイヤーが複数存在している。経済力のある米国とカナダは、感情検出・認識市場の成長に大きく貢献すると予想される。さらに、地理的な存在感、戦略的投資、パートナーシップ関係、重要な研究開発(R&D)活動が、感情検知・認識ソリューションの大規模な導入に貢献している。Affectiva、Kairos、Eyerisなどの主要なピュアプレイベンダーや、この地域のスタートアップが、顧客のニーズに対応する感情検出・認識ソリューションを提供しており、このような要因が、北米における世界の感情検出・認識市場の成長を促進すると考える。

【 当レポートの詳細目次 】

https://www.gii.co.jp/report/mama924389-emotion-detection-recognition-market-by-technology.html

プレス・リリース本文

この記事が良かったらシェア!