コリアテレコム、聴覚障がい者の声をAIで生成し家族に声を届けるキャンペーンでスマホアプリを提供

韓国通信大手のコリアテレコム(KT)が、先天的聴覚障がい者、キム・ソフィさんの声を合成、家族にソフィさんの声を届けるというプロジェクトが公開され、韓国で話題となっている。

KTは社会貢献な取り組みとしてこのキャンペーンを実施しており、今回対象となったキムさんだけではなく、社会貢献事業の一環で、この取組mに継続的していく方針。KTはソフィさんに続く対象者も公募をおこない、約30人が申し込みがあった。

KTはキムさん家族の声と、ソフィさんと同世代の女性の声や、ソフィさんの口腔構造のデータをベースにAIを用いてソフィさんの声を合成。

ソフィさんはこのスマートフォンアプリを通じ家族と会話できるようになった。

この記事が良かったらシェア!