インドのTWSヒアラブル機器市場、Apple、Noise、JBL、Samsung、realmeが牽引し、前年比700%の成長を遂げる

カウンターポイント・テクノロジー・マーケット・リサーチ は、インドのTWS(True Wireless Stereo: 完全ワイヤレスステレオ)市場は、2019年に700%の大成長を遂げ、インドはウェアラブル分野で最速で成長する市場となったという調査結果を含むETO Serviceによる最新調査を発表しました。

TWSの用途について、リサーチアナリストのShilpi Jain氏は以下のようにコメントしています。

音楽コンテンツを聴く時間が増え、携帯性が高く、加えて健康やフィットネスのモニター機能、スマートアシスタントといった先進機能があることで、スマートフォンユーザーにとってTWSの人気が高まり、需要を喚起している。

インドのヒアラブル機器(TWS)市場でのトップ5社のシェア 2019年

インドのTWS市場における重要なポイント:

  • Appleは第二世代AirPodsの売上が好調で、2019年を通じてインドのTWS市場でトップシェアを獲得した。多くの企業がこのセグメントに参入し競争は激しくなっているものの、先駆者としての評判、ノイズキャンセリング機能、他のApple機器との接続しやすさ、急速充電といった点が評価され、リーダーの地位を守った。売上ベースでのシェアでは、Appleは引き続きゆるぎない地位を維持するだろう。
  • スマートウェアラブルの新興企業Noiseは2019年に二桁のシェアを獲得し、第2位となった。電池寿命が長く高音質な商品を手ごろな価格でまとめた優れた設計のTWS商品ラインナップが、多くの人々を魅了した。NoiseのShots X1 AirとX5は共に2019年のベストセラートップ5機種にランクインしている。
  • JBLは8%のシェアで2019年の第3位となった。12月に発売されたC100TWSは、4000インドルピー(約5,600円)の発売記念時のディスカウントに加え、優れた低音再現力、高速充電、SiriやGoogleにワンクリックで繋がる機能も消費者の間で好評となり、JBLはインドで3番目に売れた会社となった。

インドのヒアラブル機器(TWS)市場で2019年に売れたトップ5機種

  • Samsungは2019年のインドTWS市場で第4位となった。Galaxy Budsのブランド知名度、優れたデザイン、装着のしやすさが注目され、2019年の出荷総数の7%を獲得した。大勢のSamsungスマートフォン所有者にターゲットにした販売と、フラグシップのスマートフォンとの抱き合わせによるプロモーションによって、家電で最速で成長するジャンルの中でシェアを伸ばすことができている。
  • TWSセグメントの成長性は、スマートフォンを補完したいと考える多くのスマートフォンメーカーの興味を惹いている。インドでもっとも速く成長しているスマートフォンメーカーのひとつであるrealmeは、同社初のTWSであるBuds Airを2019年12月に発売し、初月のうちに第5位メーカーへと躍り出た。Apple AirPodsに似た形状、十分な音質、ゲーム用の低遅延モードなどが手ごろな価格で提供され、コストパフォーマンスの良い機種となった。

詳細レポート:India Hearables (TWS) Shipments and Revenue by Model Tracker 2019

プレスリリース:PRTimes

この記事が良かったらシェア!