2025年、音声・感情・音認識関連市場334億円にキメラ総研調査

マーケティング&コンサルテーションの富士キメラ総研は、画像認識関連技術や音声・感情・音認識関連技術の市場を調査し「2020 画像・音声 AI/次世代インターフェース市場の現状と将来展望」として発表。

 この調査では、画像認識関連技術や音声・感情・音認識関連技術といったコグニティブ関連技術9品目(国内市場対象)のほか、視覚・聴覚情報2品目(国内市場対象)、自動車向けソリューション3品目(世界市場対象)、スマート社会関連ソリューション6品目(国内市場対象)、業務関連ソリューション12品目(国内市場対象)、アプリケーション9品目(世界市場対象)、キーデバイス10品目(世界市場対象)の市場を調査・分析し、将来の展望をまとめている。

■音声・感情・音認識関連
 ■音声認識(国内市場)

2019年見込2018年比2025年予測2018年比
146億円112.3%285億円2.2倍

キメラ総研プレスリリース

この記事が良かったらシェア!