アイリスオーヤマ、音声で操作できる家電に新シリーズ登場 面倒な初期設定は一切不要な「音声操作サーキュレーター」3機種を新発売

アイリスオーヤマ株式会社は、無線LAN環境やスマートフォンのアプリケーション(アプリ)操作が不要で、設置直後から音声で操作できる「音声操作サーキュレーターアイ」と「音声操作サーキュレーター扇風機」を2020年5月22日より順次発売することを発表しました。全国の家電量販店、ホームセンターなどを中心に発売していくようです。

アイリスオーヤマでは、無線LAN環境やスマートスピーカー、スマートフォンなどの専用アプリケーション(アプリ)の設定が一切不要で、設置直後から音声で操作できる独自の音声認識技術を採用した製品を開発しており、昨年発売した「音声操作LEDシーリングライト」、「音声操作4K対応液晶テレビ」は、より幅広い世代のお客様から「便利で使いやすい」と好評となっている。

今回発売の「音声操作サーキュレーター」3機種は、独自の高性能音声認識回路とマイクを本体に内蔵しており、音声の認識から操作までの応答が速く、ストレスなく簡単に操作ができるようになっているとのこと。

音声操作モードを起動するウェイクアップワードに続き、設定された7種類の操作ワードをサーキュレーター本体に向かって発話するだけで、電源のオン・オフや風量の強弱、首ふりの設定などを簡単に操作できるとのこと。

この記事が良かったらシェア!