Cerenceの対話型AIアシスタントがAudiのインフォテイメントシステム”Audi Connect Platform”に採用

2020年5月20日にCerenceとAudiが次世代音声アシスタントの長期的パートナーシップを継続し、Audiのインフォテイメントシステム”Audi Connect Platform”をCerenceの会話型AIアシスタント”Cerennce Drive Platform”を採用したことを発表

「Cerence Drive Platformにより、会話型モビリティアシスタントとインフォテインメントのエクスペリエンスが進化し、Audi車との相互作用がこれまで以上に安全かつ自然になります。」とAudiのコネクテッドサービス開発責任者、 Martin Deinhard氏は述べた。

速さと信頼性にこだわり、Cerenceは、Audiブランドのテキスト読み上げ機能を含むアシスタントを、クラウドベースのコンポーネントと組み込みコンポーネントの両方から構築。このアプローチにより、ニュース、音楽、天気、ナビゲーション、駐車場、燃料など、必要なサービスや機能への高速かつ自然なアクセスをドライバーに提供することを実現した。

CerenceのCEOであるSanjay Dhawanは、次のように述べている。「Audiの新しい音声アシスタントと、Audiの運転体験の中核となるアプリケーション、サービス、コンテンツを損なわないよう、自然で快適でインテリジェントなインターフェースを提供した。」

アウディの新しい音声アシスタントプラットフォームは、現在、アウディのA8、A6、A1、A4、Q7、Q3、およびe-tronモデルで利用可能。

この記事が良かったらシェア!