AI英語教材「abceed」、三省堂と業務提携し、学校市場への展開を開始。音声認識を活用したスピーキング対策も。

株式会社Globeeは、2020年5月以降、株式会社三省堂と共同で、Globeeが運営するAI英語教材「abceed(エービーシード)」の全国の中学校、高校への導入を開始。「abceed」に三省堂の教科書や辞書、参考書を対応させ、スマートフォン/タブレット/WEBなどから「abceed」を利用してもらうことで個別最適化に対応した自主学習を効率的にフォローアップする。英語のコミュニケーション能力、特にスピーキング力の強化が求められる中、ITの活用によって家と学校現場での英語学習を効率化し、先生の負担の削減、生徒の英語力向上を支援していく。

今回の業務提携において、三省堂の教科書・教材・辞書に対応した学習用の「abceed」と指導用の「abceed for school」を用いて、あらたに学校現場への導入を目指していく。

「abceed」は、実際に学校で使用する教材と連携しているため、学校の授業の内容を家庭でも「abceed」を通じフォローアップすることが可能となります。また、昨今注目される英語の4技能強化(リーディング・リスニング・ライティング・スピーキング)のうち、特にスピーキング力の強化については、AIを活用した機能も利用可能となる。

使い方としては、アプリに吹き込んだ音声をAIがスコアリングし、自学ではなかなか気づくことができない発音の弱点を発見することができるといった内容だ。そして、吹き込まれた音声をテキストに変換することで、スピーキング問題の解答をアプリ上で行うことができ、スピーキング課題の作成や採点も可能となるとのことだ。

この記事が良かったらシェア!