セールスコミュニケーションツールのWidsleyと東⼯⼤、音声認識のAI領域で産学連携プロジェクトを開始

セールスコミュニケーションツールの”ComDesk”を展開するWidsleyは、東京⼯業⼤学 奥村学教授と連携し、⾳声会話における産学連携プロジェクトを開始したと発表

Widsleyは、場所にとらわれない働き方の多様化や営業スタイルの変化を背景に、部門ごとにツールや連絡手段が異なることで分断されたコミュニケーションデータが引き起こす非効率の問題に着目し、顧客管理から電話・インフラまでをワンストップで提供する「ComDesk」を展開している。

このプロジェクトでは、東京工業大学と産学連携することで電話の会話の文字起こし、内容要約、Co蓄積商談データからより成約しやすいセールスアプローチを可視化する分析を、音声認識をはじめとしたAIを用いることで解決し、セールスアシスタントロボへの発展を目指すとのこと。

プレスリリース本文

この記事が良かったらシェア!