空港、都心を結ぶリムジンバスのお客様案内アプリ「リム翻訳」にフェアリーデバイセズのmimi APIが導入

フェアリーデバイセズは、株式会社コスモルートの開発した、音声翻訳アプリ「リム翻訳」に「mimi cloud API service」の音声認識・機械翻訳・音声合成APIが導入されたことを公表した。
このアプリは東京空港交通が運行する羽田空港や、成田空港と都心を結ぶリムジンバスのお客様応対に利用されている。

リム翻訳の主な機能

  • 日本語 ⇆ 英語・中国語・韓国語の4か国語の音声・テキストによる翻訳
  • 履歴機能ですぐ使いたい文章を呼び出し
  • 何度も使いたい文章をマイフレーズに登録可
  • プリセットされた定型文から選んで訳文発声
  • 音声によるブラウザ検索「調べる」機能
  • 地図検索で経路を示すことも可能

mimi cloud API serviceについて

リム翻訳で採用されているmimi cloud API serviceの「音声認識・機械翻訳・音声合成」の技術は国立研究開発法人 情報通信研究機構(NICT)にて研究開発された知的財産の実施契約に基づき、10ヵ国語※1に対応したAPIを「mimi® powered by NICT」として提供している。特にアジア圏の言語に強い特徴を持つ。
今回のようなタブレットアプリでの利用は、認識・翻訳・合成エンジンが外部にあるため、通信速度に依存します。そのためWebsocket(ストリーミング)対応とすることで、レスポンス速度を向上させている。
詳細はこちら
※1 日本語、 英語、 韓国語、簡体字中国語、繁体字中国語、インドネシア語、タイ語、ベトナム語、スペイン語、 フランス語。

プレスリリース本文

この記事が良かったらシェア!