ユカイ工学、エッジ型音声対話開発キットcodama、エッジ型音声UIソリューションキットの音声UI体験ハンズオン・無料相談会を7月より開始

コミュニケーションロボットなどを企画・開発・販売するユカイ工学は、2018年に発売を開始した音声対話開発キット「codama(こだま)」を活用した企業や開発者向け音声UI体験ハンズオン・無料相談会を7月より開始と発表。新型コロナウイルス感染拡大予防対策のひとつとして非接触型サービスが注目される今、活用を呼びかける目的で実施される。

また、「codama」がもつ集音技術が、NECプラットフォームズが提供するコミュニケーションロボット「PaPeRo i(パペロ アイ)」に採用され、「おしゃべり機能オプション」に採用されたことも発表。

製品URL https://codama.ux-xu.com/

提供予定の音声UI活用サービス・コンテンツ

① 音声UI体験ハンズオンを開催(7月・8月実施)
音声UIエンジン+音声対話開発キット「codama」ハンズオン(開発者向け)
音声UIエンジンの初期起動から、ビームフォーミングやノイズキャンセルなど、音声UIの課題対策や付加価値機能をご案内し、実際に体感していただく場をご用意します。
実施日程
第一回:2020年7月9日(木)15:00‐16:30   
第二回:2020年8月6日(木)15:00‐16:30

② 音声UI個別相談会(7月1日より開始)
音声UIをご検討中の方に向け、無料の個別相談会を実施予定。それぞれの業界や興味分野に合わせた事例のご紹介、エンジンの選び方、音声UI設計のつまづきどころなど、広くご相談対応。
2020年7月1日(水)以降、毎週月曜~金曜(平日のみ)の10時~17時にて。
利用ツール:Web会議ツール(GoogleMeets/Skype/Zoom等)
  
▼①②は以下URLよりお申し込みください。
https://forms.gle/JeHZxUTbkhN87BXN7

③ エッジ型音声UIソリューションキット〈音声認識SDK+codamaの企業向け開発用パッケージ〉
(2020年夏、リリース予定)
株式会社フュートレック製エッジ型音声認識SDKを組み込んだ、音声UIを簡単に起動、テスト、カスタマイズができるキットをご提供します。エッジ型のためクラウド料金も不要で、すぐに開発へ着手できます。
ソリューションキットに含まれるもの(詳細はリリース時にご案内)

・ハードウェア及びOS等の音声UI動作のために必要なソフトウェア一式
・開発用ドキュメント、テストケース
今後音声ユーザーインターフェースの利用が促進されるユースケース
・商業施設のタッチパネル案内  
・券売機等公共施設の音声案内  
・作業現場の日報入力 
・博物館などの音声ガイダンス  
・飲食店の順番待ちシステム 

プレスリリース本文

この記事が良かったらシェア!