損保ジャパン、対話型AIによる災害時の 保険電話受付自動化の実証実験を開始

損害保険ジャパンとNTTコミュニケーションズは、損保ジャパンの災害時の保険受付業務を、NTT Comの「ボイスデジタルトランスフォーメーション( ボイスDX)」を活用した対話型AIによる受付自動化の実証実験を2020年6月26日より開始すると発表。

対話型AIを活用して保険受付を完結するのは保険業界で初の取組み。

機能概要

対話型AIによる自動受付・ヒアリング
保険契約者がコールセンターに電話し、対話型AIによる保険受付を選択した場合、音声ガイダンスに従って受付に必要な情報(氏名・電話番号・被害状況等)を音声で報告、対話型AIがヒアリングし、受付を完結する。ヒアリングした音声情報はテキスト化され、データ連携される。

RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)を活用した受付データの自動連携
テキスト化したヒアリング内容を基に、損保ジャパンの基幹システムに自動的に登録される。

プレスリリース本文

この記事が良かったらシェア!