国立研究開発法人NICTの多言語音声翻訳技術が警察庁のシステムに採用

国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)は、多言語音声翻訳技術が警察庁のシステムに採用され、全国の都道府県警で利用されることなったと発表

警察庁は、近年の訪日外国人旅行者数の増加を受け、昨年度、独自の音声翻訳サーバを構築し、本技術を用いた多言語音声翻訳機能を「高度警察情報通信基盤システム(PⅢ)」に搭載していた。

同システムの端末(スマートフォン及びタブレット)は、全国47都道府県警に合計5万台配備される。

公的機関が、全国規模でNICTの多言語音声翻訳技術を搭載したサーバ・システムの運用を始めたのは、今回が初めて。

プレスリリース本文

この記事が良かったらシェア!