ヘルスケア向け音声AIのSUKI社が新しい音声アシスタントプラットフォームを発表

SUKI

ヘルスケア向け音声AIを手掛けるであるSukiは、デジタルクリニカルアシスタント向けの新しい音声プラットフォームであるSuki Speech Service(S3)を発表した。S3は、臨床医が使用する音声コマンドの柔軟性の劇的な向上を実現し、より高速で正確な応答を提供することができるという。これにより、医師は人間のスタッフと同じように、より自然な話し方をすることができ、AIアシスタントにあわせた特殊な言い回しコマンドを覚える必要がなくなる。

Sukiデジタルアシスタントは、AI、自然言語処理、機械学習を使用して、臨床的に正確な医療メモを作成し、EMRから患者情報を取得するなどの管理タスクを迅速に完了する。このデジタルアシスタントは医師の1回あたりの平均時間を13分以上から3分強(76%)に短縮を実現。S3を使用すると、Sukiは医師のワークフローをさらに高速化し、より直感的にストレスなく利用できる。

「ヘルスケアにおいて最もインテリジェントで応答性の高い音声プラットフォームを紹介できることを誇りに思っています。コンテキストサブワードの埋め込み、ニューラルネットワークベースの高速分類器、エンティティ抽出モデルなどの最先端のAI概念を組み込み、医師に直感的なエクスペリエンスを提供し、医師の業務を更に効率します。」と、Sukiのエンジニアリング担当副社長、Jatin Chhuganiは語った。

プレスリリース本文

この記事が良かったらシェア!