eSportsのリアルタイム変換ボイスアバターを提供するスペインのVoicemodが800万ドルを調達

人の声をリアルタイム変換してeSports等で使えるボイスアバターサービスを展開するスペインのスタートアップ、VoicemodがシリーズAで800万ドルを調達したと発表。
このラウンドはベルリンにあるeSports関連スタートアップを専門に投資するBITKRAFT Venturesがリードした。

今回の資金でモバイルアプリの開発、アジアエリアでの展開、よりリアルなAIを利用した音声や音声変換の開発をすすめていくとのことだ。

同社のCEOと共同創設者のJaime Boschは、「画像およびビデオフィルターの人気が高まり、Voicemodは声のフィルターという欠けていた部分を補います。ゲーマーやコンテンツ作成者に自由度の高いボイスエフェクトを作成します。」 と話す。

VoicemodはPCで1,000万回のPCダウンロードの実績があり、同社はすでに利益を上げているとのこと。

この記事が良かったらシェア!