MiiTelのレブコム、筑波大学と音声認識技術の共同研究を開始

音声解析AI電話MiiTelを開発・提供する株式会社RevCommは、2020年5月1日より、国立大学法人筑波大学システム情報工学研究群マルチメディア研究室と、ミーテルの基幹技術の一つである音声認識技術や話し方のスコアリング技術において、共同研究を開始した事を発表。

共同研究では、電話営業とコールセンターにおけるトークを分析し、会話の質を評価するサービスである「ミーテル」を開発する上で必要となる要素技術を開発する。具体的な研究内容は、収集した音声データから発話音声の傾向や特徴をスコア化し分析する手法の開発、および複数のマイクロフォンを用いて精度の高い音声認識エンジンを開発するための基礎研究および応用研究で、筑波大学の山田准教授とレブコムCTOの平村氏が担当となりすすめるという。

プレスリリース本文

この記事が良かったらシェア!