次期メルセデスのSクラスに生体認証・自然言語処理機能を追加した新しいMBUXインフォテインメントシステムを搭載

メルセデスは改良された音声制御、ヘッドアップディスプレイ(HUD)ナビゲーションシステムの新機能、セキュリティを強化するためのマルチモーダル生体認証を含む、MBUXインフォテインメントシステムのアップデートを発表しました。

また、27の言語での一般的な問い合わせを処理できる優れた自然言語処理機能も追加されました。

新しいHUDは、拡張現実(AR)を利用したナビゲーションを特徴としており、ドライバーの視線にポップアップ矢印が表示され、どこを曲がるかを指示します。後部座席にも2つのマイクが搭載され、「Hey Mercedes」で音声アシスタントを利用できます。前部座席のヘッドレストの背面に取り付けられたスクリーンを使用して、ドライバーにナビゲーションの指示を送ることができます。

インフォテインメント画面は12.8インチOLEDパネルで、以前のSクラスモデルにあった27個の物理キーを置き換えることで車のほぼすべての側面を制御するほか、生体認証も備えています。

ドライバーがMercedes Meアプリにログインして購入しようとすると、従来のPIN方式ではなく、生体認証を使用してサインインするオプションが利用できるようになります。ディスプレイには指紋センサーが搭載されていますが、ドライバーを選択した場合は、Sクラスにある2台のカメラを使用して顔を認識したり、声でアカウントにログインしたりすることもできます。

追加のされたセキュリティは、車両を使用しているときに、権限のない個人がMercedes Meストアで購入できないようにすることを目的としています。

ソース

この記事が良かったらシェア!