CTC、損保ジャパンに自賠責保険手続きをAIが自動受付するソリューションを提供


伊藤忠テクノソリューションズ(略称:CTC)は、損害保険ジャパンにAIを使用したコールセンター向け自動音声対応ソリューション「CTC-AICON(シーティーシーアイコン)」を提供したと発表。
損保ジャパンは、2020年3月から自賠責保険についてのお客様サポートデスクで自動音声対応を開始しているとのこと。

損保ジャパンのコールセンターでは、保険の契約内容や手続きなどの問い合わせ混雑時に発生する待ち時間の短縮をCTC-AICONを導入することで図りたいとのこと。

CTC-AICONは、コールセンターでの問合せ対応において、AIを使用してテキスト化から分析、音声応答までを自動で行うソリューション。問い合わせの発話内容からAIが用件を認識、引っ越しに伴う登録住所の変更や、控除証明書の発行などの手続きを自動で受付。
2020年度内には、自賠責のサポートデスクでの年間約9万件の問合せのうち、約30%の通話に対する自動応答を目指したいとのこと。

プレスリリース

この記事が良かったらシェア!