ロシアの音声アシスタント”Alice”のスポーツ賭博スキルが人気

先週イギリスのSBC NEWSの報道された、ロシアのオンラインギャンブリングのスキルが一部関係筋で話題となっています。Voice UI Mediaでも取り上げたいと思います。

このサービスはロシアのFonbetというスポーツベッティングプラットフォームがYandex製のボイスアシスタント”Alice”で昨年提供を開始したスキルで、スポーツベッティングのお役立ち機能を提供しています。毎月5000人が利用している人気スキルのようです。

このスキルはスポーツベッティングに関する数千にも及ぶFAQを擁しており、ユーザーからのいろいろな質問に答えることができます。また、現在のオッズやFonbetが提供するプロモーションの情報、結果予測を音声で提供してくれるそうです。また、勝敗予測の精度は90%を誇るとのことです(笑)。

FonbetのAlexey Khobot氏によれば、このスキルはスポーツベッティングに慣れていないユーザーを取り込む目的で開発されたとのこと。玄人向けな”専門用語”や現在の状況をわかりやすく音声で説明することで、スポーツベッティングの敷居を下げることが目的だったそうです。

ただ、いまのところ、Alice上で直接賭けることはできないそうで、リンクが送られ、そのリンクから画面上でBetする仕組みになっています。

ロシアのネット大手Yandexが提供するAliceはスマートスピーカーではなくスマートフォンで多く使われており、すでに音声経由で様々なサービスが利用されています。
先日も声で絵がかけるという謎のサービスを発表したり、AlexaやGoogleを抑え、国産音声アシスタントとして存在感を増しています。

この記事が良かったらシェア!