ラトックシステム、自社スマートリモコンRS-WFIREX4とAlexaとの接続がアプリで簡単に。Alexaアプリを開かなくても連携できるように

ラトックシステムは、当社製スマート家電リモコンにアプリ間アカウントリンク(App-to-App)を実装、Amazon Alexaとスマート家電リモコンとの簡単連携画家のいになったと発表。

スマート家電リモコン RS-WFIREX4は、スマホで家電を操作できるデバイス。本製品を自宅のWi-Fiルーターに接続することで、赤外線に対応したエアコンや照明、テレビなどの家電製品をかんたんにスマート化できる。

本製品とAlexaを連携すると、Amazon EchoシリーズをはじめとするAlexa搭載デバイスに「エアコンをつけて」など話しかけて、ハンズフリーで家電を操作することが可能となる。

当社によればこれまで、スマートスピーカーとの連携は導入時のわかりにくさとステップの多さが課題だった。従来の方法では、本製品の家電リモコンアプリで家電を登録した上で、Alexaアプリからスキルを探してアカウント入力し、有効にする必要があった。

Android版の家電リモコンアプリに、Alexaの機能として新たにリリースされたアプリ間アカウントリンク(App-to-App)を実装、iOS版アプリには5月に実装済みで、両端末での簡単アカウントリンクが整った。

このアプリで、ユーザーはAlexaアプリを開くことなく、家電リモコンアプリで数回タップするだけでAlexaとリンクできるようになった。家電リモコンアプリでおこなったデバイスの追加や削除、呼びかけに使うデバイス名の編集も、登録ボタンのタップでAlexaに反映される。

編集部コメント:IFTTTやAlexaアプリでの連携設定を必要とせず簡単にスマートリモコンとスマートスピーカーの接続が可能となったことで一般ユーザーにも使いやすくなることでスマート家電がより身近になりますね。

Alexaとの連携方法の説明

プレスリリース本文

この記事が良かったらシェア!