オンライン会議の発言をリアルタイムで文字化 AI音声認識 文字起こし支援アプリケーションの月額定額制サービスを開始

株式会社アドバンスト・メディアは、AI音声認識 文字起こし支援アプリケーション「AmiVoice ScribeAssist(アミボイス スクライブアシスト)」の法人向け月額定額制サービスの提供を開始を発表しました。

「AmiVoice ScribeAssist」は、オンライン会議や商談、会見等の音声をリアルタイム・バッチでテキスト化・編集できる文字起こし支援アプリケーションで、議事録作成の効率化に貢献する各種機能を搭載しており、一連の作業を単一ソフトウェア内でワンストップに実施できます。各種オンライン会議システムの種類を問わず併用が可能となっている。

クラウド上に音声をアップロードする必要がないスタンドアローン型の為、情報漏洩のリスクもなく、セキュアな環境での音声認識を実現します。

ソフトウェアの起動制御はUSBキーで行え、インストールは無制限に可能となっている。契約されたライセンス数に伴って提供されるUSBキーを接続する事で起動制御を解除し、好きなPC端末で「AmiVoice ScribeAssist」を利用可能になる。

また社内規定等でUSB接続に制限がある場合は、固定のPC端末に「AmiVoice ScribeAssist」をインストールし、USBキー不要でご利用いただく事も可能。

法人のお客様向けに、オープン価格にて提供(価格の詳細はお問い合わせにて)。なお、30日間の無償利用の申し込み窓口もある。

AmiVoice ScribeAssist詳細: https://www.advanced-media.co.jp/products/service/scribeassist

AmiVoice ScribeAssist、30日間無償利用お申込み: https://www.advanced-media.co.jp/contact/scribeassist/

この記事が良かったらシェア!