BMW、Android Autoにも対応、7月の生産分より。既存車も一部アップデートで対応。BMWでGoogleアシスタントが使えるようになる

BMWは昨年にAndroid Autoへの対応を2020年7月よりアナウンスしていましたが、予定通りAndroid Autoの対応(ワイヤレス接続)が発表されました。日本での状況は未確認ですが、欧州ではアプデートできたとのオーナーからの報告もあるようです。
既存車の対応は以下の車種とのことです。また、Andoridの機種にも制限があります。
主要メーカではAndroid Auto対応が完了しており、最後に残っていた1社でした。

  • 2019+ 3シリーズとLive Cockpit Professional
  • 2020+ 5シリーズ
  • 2020+ 7シリーズ
  • 2019+ 8シリーズ
  • 2020+ X3とLive Cockpit Professional
  • 2020+ X4とLive Cockpit Professional
  • 2019+ X5
  • 2020+ X6
  • 2019+ X7
  • 2019+ Z4

GoogleアシスタントやGoogleマップ、Spotify、Amazon Musicなどが利用できるようですが、LINEなどの日本での対応状況はまだ情報がありません。
また、Android Autoのワイヤレス接続対応機種はこちらより確認できます。

この記事が良かったらシェア!