Cerenceが車載の声決済ソリューション”Cerence Pay”を発表、Audiに将来搭載

車載音声アシスタント大手のCerenceは、車載の声決済ソリューション”Cerence Payを”を発表しました。Audiとの共同プロジェクトも進めており、将来的にAudiに搭載されるようです。

Cerence Payは車内で声と顔での生体認証をセキュアに行うことができます。
車内からタッチレスで駐車場料金やガソリン代やEVのチャージ料金の支払い、レストラン予約(海外では予約時に決済することが多い)やドライブスルーなど、様々な支払いが可能になります。

アウディのコネクテッドカー&インフォテインメントの開発担当エグゼクティブディレクターであるAndreas Reich氏は、次のように述べています。「外出先でもドライバーのあらゆるニーズに対応するインテリジェントコンパニオンを中心に、自然で直感的な車内体験を構築することに着手しました。Cerence Payはそれら体験の関連モジュールであり、音声による支払いにより、ドライブ体験をはるかにシンプルかつ安全にする、今日の世界では必須のものです。」

プレスリリース本文

この記事が良かったらシェア!