iFLYTEKの会長Liu Qingfeng氏、米国のブラックリストに含まれたことに対する声明を発表”すでにGoogleを超えており恐れていない”

8月12日、鄭和島イノベーターの年次会議の開会式で、iFLYTEKの会長であるLiu Qingfeng氏は、iFLYTEKが米国の事業者リストに含まれ、米国企業との協力が不可能となっている現状に対して見解を示しました。

Liu Qingfeng氏によれば、iFLYTEKは自社の音声製品をHuaweiに提供しており、シェアにおいて英語、フランス語、スペイン語でGoogleを完全に上回っており、制裁を恐れていないという自信を示しています。
 
昨年10月8日、HKUST IFLYTEKが米国の事業体リストに含まれ、、米国のHKUST IFLYTEK研究所は閉鎖を余儀なくされました。

彼はこの状況が招く深刻な結果を予想し、以下のように述べています。
「将来、言語対話機能と音声アシスタントなしに海外に行くことは不可能です。米国のブラックリストに掲載された後、HKUST iFlytekが引き続き世界で主導的な地位を維持できることを多くの人々が懸念しました。 しかし、Xunfei (iFlytekの音声アシスタント)は再び世界で1位になり、他社の追随を許していません。今日の国際情勢はかつてないほど複雑になっており、これは中国の対外貿易企業に影響を与えるだけでなく、ほとんどすべての産業とすべての起業家が中国と米国の間の経済戦争と貿易に直面しなければならないでしょう。
中国と米国の間の様々な政治的圧力であろうと、真の未来を決定するのは技術力であると信じています。今日の中国と米国の間の科学技術レベルには依然として大きなギャップがありますが、多くの分野ですでにその差はないと感じています。これらの外部リスクに対応するために、企業にとって最も重要なことは、世界ナンバーワンになることです。起業家を育て、共生関係を生み出さなければなりません。」

Liu Qingfeng氏はまた、米国がHuaweiに極度の圧力をかけていると述べました。「Googleは、HuaweiにGSMを提供できなくなりました。音声アシスタントがなければ、Huaweiの携帯電話をグローバルに販売することはできません。しかしiFLYTEKはこの問題を解決し、Huawei向けに提供されている音声製品は、英語、フランス語、スペイン語でGoogleを上回っています。だからこそ、私たちは今日の背景に非常に自信を持っています。この自信は、真に継続的で現実的な超越によってもたらされます。」

この記事が良かったらシェア!