フェアリーデバイセズ、音声認識・機械翻訳・音声合成APIの無償提供を拡大

音声ソリューションを提供するフェアリーデバイセズは、新型コロナウイルス「COVID-19」の感染拡大の対策支援として、新型コロナウイルス対策システム開発者むけに、「mimi®️ cloud API service」の音声認識・機械翻訳・音声合成APIの無償提供を拡大すると発表。
これらサービスを利用することで在宅勤務の支援や、海外支社との共同作業等を円滑に行うシステム等が迅速に開発可能となるとのこと。

mimi®️ API無償提供の内容
音声認識・機械翻訳・音声合成の各APIを、上記開発用途に限り、1日500回まで無償で利用可能

開発支援の対象とするシステムの例
・音声認識技術を用いた、「リモートワーク」システム
・国際的な現場協業を可能とする「多言語コミュニケーション」支援サービス
・音声インターフェースによる「非接触型」のデジタルサイネージ
・ホームロボットによるコミュニケーションサービス

使用可能API :音声認識・機械翻訳・音声合成
使用回数は各API、1日500回までとなります。同時処理数は1

提供期間 :2020年7月末日まで
提供期間終了後は、1日50回までの無料評価サービスに移行

対象社数 :100社(個人開発者も対象に含みます)
先着100社を対象

プレスリリース

この記事が良かったらシェア!