サムスン傘下のHarman Kardonがバッテリー搭載のスマートスピーカー”Citation 200”を発表

サムスン傘下の高級スピーカーブランドHarman Kardonはドイツで開催されたIFA 2020に合わせ、新らしいスマートスピーカー”Citation 200”を発表。

Citation 200は、Wi-Fiを使用してHD品質で音楽をストリーミングが可能で、Bluetoothストリーミングにも対応。スピーカーは1インチツイーター、5インチミッドレンジドライバー、低音用の2つのパッシブラジエーターを備え、Harman Kardonらしい音質を重視した製品となっている。

Harman Kardon Citation 200は、IPX4防滴仕様で、フル充電で8時間の連続再生が可能。充電は付属のクレードルに置くだけで可能。また、USBタイプCポートでの充電にも対応している。

価格は349ユーロ。Winter GreyとClassic Blackの2色をラインナップ。日本発売は未定。

この記事が良かったらシェア!