Amazon Music、米国、英国、ドイツ、日本でポッドキャストを提供開始。

Amazon Musicは9月16日(水)22時より、日本、米国、英国、ドイツにおいて、数百万のエピソードを揃えた音声コンテンツ、ポッドキャストをAmazon Musicの全サービスで配信を開始することを発表。

ラジオの人気トーク番組、ニュース、カルチャー、英会話などの人気のポッドキャストを追加料金無しでストリーミングおよびダウンロードすることが可能になっており、Amazon Musicの利用者は、iOS、Android向けのAmazon Musicアプリ、Amazon EchoシリーズなどAlexa搭載デバイス、またはウェブプレイヤーからポッドキャストにアクセスすることができるようになっている。

今年1月、Amazon Musicは全世界で5,500万人の利用者に到達したことを発表し、引き続き音楽への投資を続けている。今回、ポッドキャストの提供を始めるにあたり、Amazon Musicは、Amazon Musicアプリや音声サービスAlexaを介して、ポッドキャストのクリエイターを何千万人ものお客様に紹介することで、利用者の拡大を期待しているとのこと。

Amazonポッドキャストの特徴として、利用するデバイス間で、停止したところから再生を続けることができることにある。例えば、ランニング中にはモバイルでAmazon Musicアプリで再生し、帰宅後にはAmazon Echoデバイスにシームレスに移動して、途中から再生することができるというところだ。ライフスタイルに合わせて聞き分けができることもAmazonでのPodcastの特徴になるのではないかと考える。

また、自身が所有するポッドキャスト番組をAmazon Musicで配信することもできるようになっており、RSS登録のフォームがAmazon Podcastページの最下部にあるので、自身でポッドキャストを配信している人は登録してみてはどうだろうか。今後のAmazon Podcastに期待したい。

ボイスUIメディア編集会議は上記の通り登録申請を行ったので、登録が完了次第Amazon PodcastのURLをご案内いたします。

この記事が良かったらシェア!