京都大学の音声AI研究者グループ、アイヌ語の音声認識・音声合成の研究成果を発表

NHKの報道によれば、アイヌのEnd-to-End音声認識を研究する京都大学の研究者グループは、北海道白老町で、アイヌ語や文化を後世に残す目的で残された文字や資料をAIで音声化する研究発表を行ったとのこと。

研究グループによれば、アイヌ語伝承者による27時間の教師データでAIに学習させ、アイヌ語の音声認識エンジンを開発、その結果おおよそ85%の単語を認識させることに成功したという。

また、特定の人が話す10時間以上のアイヌ語の音声を学習させたモデルでは、文字の資料を一定の品質で音声変換ができたとのこと。

ソース(NHK)

この記事が良かったらシェア!