リアルタイム3DCGのORENDAとAI対話エンジンのwellvill、完全な業務会話を可能にするAIアバターの開発に向け技術提携

リアルタイム3DCGを展開する株式会社ORENDAと、次世代デバイスやAI、RPA技術開発を手掛けるウェルヴィル株式会社は、人間との業務会話を実現するAIアバターの開発に向け、技術提携したと発表。

これまで、人がスマートフォンやロボットと行ってきた対話は、あくまで人がロボットの聞き取りやすい言葉や、スクリプトに則った言葉を話すことでようやく会話が成立するものだったが、今回の提携で、より人に近い対話エンジンの開発を進め、今までにはない、違和感や不自由なく人と完全な対話を実現するAIアバター、“デジタルヒューマン”の開発を目指すという。

今回の提携で、ORENDAがゲームエンジンを利用した映像レンダリング・クラウドストリーミングによる動画配信機能・音声生成の領域を、ウェルヴィルが“デジタルヒューマン”の頭脳部分である言語機能(会話機能)の領域の開発を担当する。

プレスリリース本文

この記事が良かったらシェア!