GoogleアシスタントからAndroidアプリの操作が可能になった

Googleは2020年10月8日、GoogleアシスタントからAndroidアプリの操作が可能になったと発表

「OK Google」と話しかけることでアプリを起動したり、検索や投稿、フィットネスアプリの起動などのコマンドが使える。Goggleによれば、音楽の再生、ランニングの開始、ソーシャルメディアへの投稿、食べ物の注文、友人への返済、乗車の呼びかけなどができるという。

現在は英語のみ対応で、対応アプリはTwitterやSpotify、Snapchatやebay、Nike Adapt、Nike Run Club、Estyなど。順次対応アプリは増える予定とのこと。

また、カスタムフレーズにも対応しており、ユーザーが独自のフレーズでアプリの操作をすることができる。

この記事が良かったらシェア!