音声配信プラットフォーム「Radiotalk」が約3億円の資金調達を実施

音声配信プラットフォーム、Radiotalkを運営するRadiotalk株式会社(XTech)は、事業拡大・採用強化を目的とした第三者割当増資による約3億円の資金調達を実施したと発表。引受先はSTRIVE、Gunosy Capital Pte. Ltd.、オー・エル・エム・ベンチャーズ、マネックスベンチャーズの4社。

今後は、ライブ配信や音声加工等の新機能の拡充にさらに注力し、新しいエンターテインメントの音声配信プラットフォームを構築することを目指し、事業拡大・採用強化をさらに加速するという。

引受先からのコメント

STRIVE株式会社 パートナー 根岸 奈津美 氏
音声でも「誰でもコンテンツを作ってシェアできる」流れが拡大しており注目しています。Radiotalkの魅力は、井上さん率いる音声コンテンツに強く熱いチームと、「Radiotalker」とコアなリスナーの熱いコミュニティです。新機能の「LIVE配信」と「ギフト」を通じて、お気に入りのRadiotalkerとインタラクティブなコミュニケーションがとれるようになっており、新しい音声エンターテインメントを提供するプラットフォームとして今後の飛躍を期待しております。

Gunosy Capital Pte. Ltd. 取締役 間庭 裕喜 氏
Radiotalkは配信者側が音声のみで気軽に配信することができる新しいプラットフォームです。Radiotalkでは、魅力的な配信者がリスナーを呼び込み、そのリスナーがまた配信者となって新しい魅力的なコンテンツを生み出しており、コミュニティとして非常に強い熱量を持っていると感じています。これは音声領域への強い情熱を持った井上さんらチームの皆様だからこそ作り上げてこられたものだと感じており、今後もRadiotalkの音声配信領域での躍進を大いに期待しております。

株式会社オー・エル・エム・ベンチャーズ 代表取締役 横田 秀和 氏
スマートスピーカーやワイヤレスイヤホンの普及により、音声コンテンツへの接触時間が増え、他のサービスを利用しながらの「ながら時間」を楽しむことが出来る「音声配信サービス」は注目領域の一つです。 Radiotalkは誰でも簡単に音声配信出来るサービスとして、日々様々なジャンルの番組が配信され、多くのリスナーの方々に楽しまれています。 自らも配信者として番組配信を行っている井上社長を中心に直向にサービス改善に取り組んでいるRadiotalkは、今後音声配信領域のリーディングカンパニーとなれると期待しています。

マネックスベンチャーズ株式会社 代表取締役 和田 誠一郎 氏
人間の「耳」を占有するプレイヤーへの投資機会をさがしていたところ、ご縁あって井上さんにお会いすることができました。数年先の、デバイスフリーに日常を過ごすことが当たり前となった世の中を想像すると、「音声」による情報のインプットが主流になると思っています。Radiotalkはエンタメコンテンツのみならず、そんな未来における中心的なプレイヤーとして、活躍の場を拡張し続けると確信しています。我々もワクワクする未来に向かってともに歩んでまいります。

Radiotalk社役員コメント

代表取締役 井上 佳央里
今、日常的に目にするものは、10年後にも「残っているもの」「残っていないもの」のどちらに当てはまるのでしょうか。たとえば、電波を通じて受信機から流れる「ラジオ」が残っているか、ちょっとわかりません。それでも、人の「話」に共感するという体験は、10年後も100年後も残り続けるはずです。私たちは、そんな「話」をする人=Radiotalkerをエンパワーメントしていきます

これまでのRadiotalkは、話すことが苦手な人でも遊ぶように話せる、リスナーは共感するRadiotalkerと話を通じて遊べる、そんな体験を提供してまいりました。結果としてRadiotalkerとリスナーとの間に熱い絆が築かれ、そこには新たな「個の熱狂経済圏」が生まれています。今回私は、そんな経済圏を作るRadiotalkerの一人と対話しました(聴く:https://radiotalk.jp/talk/392657)。そこには、彼女の思想が、彼女独自の言語で語られていて、共感せずにはいられませんでした。

私たちは、このようなRadiotalkerをエンパワーメントする仕組みを創り上げるために、XTech、MBS、そして仲間になっていただく上記株主の皆様の力をお借りして、100年後まで続く「個の熱狂経済圏」を構築していきます。ただ、圧倒的に人が足りません。一緒に作ってみたい方は、ぜひ下記からご連絡ください。まずは「トーク」しましょう。

取締役 西條 晋一(XTech 代表取締役CEO)
Radiotalkは、発案者の井上など新卒を中心にエキサイト社内の新規事業としてスタートしました。私がエキサイトの経営に参画した際に、チームと事業に大きな可能性を感じ、意思決定の迅速化、資金調達の機動性の観点から、社内の一事業ではなく別会社化して独立した経営の道を選ぶことにしました。今回エンターテインメント事業に知見が深い、多くの株主の皆さまにもご参画いただき、より一層スピードアップして事業を成長させていけることを嬉しく思います。

取締役 髙本 慧(毎日放送 東京支社ラジオ部)
約一年半、毎日放送という日本初の民放ラジオ局に所属しながらRadiotalkの取締役を務めさせていただきました。個人も芸能人も関係ない、トークのみで勝負できるRadiotalkというサービスから新世代のラジオスターを生み出せるよう、先駆者の知見と最新のテクノロジーの双方を最大限活かし、新たにジョインしていただいた素晴らしい株主の皆様と共に音声業界の中で勝ちきっていきたいと思います。
最後に、Radiotalkは私や社長も含めたほとんどが平成生まれです。この世代と一緒に音声2.0、そして3.0を作っていきたい方はいつでもお声がけください。やってやりましょう。

プレスリリース本文

この記事が良かったらシェア!