AKA、自然な会話が可能なAI日本語処理API「MUSE J」をRakuten Rapid APIにて提供開始

人工知能エンジン及びコミュニケーションロボットの開発・販売を手掛ける米AKAの日本法人AKA株式会社は、日本語での自然な会話を提供する人工知能API「MUSE J」をAPIマーケットプレイス「Rakuten Rapid API」で、2020年10月21日(水) から提供開始すると発表。

AKAは今回のリリースに先立って、2020年6月より英語の自然言語処理技術API「MUSE」を提供しており、同社の英語教育ロボット「MUSIO」やサードパーティによる英語教育アプリなどによって、世界中で利用されている。今回新たに日本語の自然言語処理技術を用いた人工知能エンジンのAPIをリリースとなった。

MUSE Jは元々、認知能力の向上や認知症予防を目的としてシニア層向けの会話機能を提供するために開発をスタートしたが、スマートスピーカー、スマートホーム、自動車内ナビゲーション、チャットボットなど、今後も安定した成長が期待されているIoTデバイスや音声サービスへの応用範囲の拡大を予定しているという。

MUSE エンジンについて
AKAが開発したMUSE エンジンには、人工知能コミュニケーションエンジンが搭載されており、自ら思考しながら流暢な会話(日英対応)が可能。ディープラーニング(深層学習)基盤の自然言語処理技術によって、事前にプログラミングされていない文章を新しく生成し、自然な会話が可能。

プレスリリ−ス本文

この記事が良かったらシェア!