BONX、雑音の多い環境においても自動的に人間の発話を判定し、周囲の雑音を除去する技術に関する特許を取得

株式会社BONXは、複数人で通話するグループ通話システムで、人間の発話を判定する技術に関する特許(特許第6742640号)を取得したと発表。

特許の概要
BONXの提供するグループ通話システムにおいて、人間の発話のみを切り出して送信する技術に関するものです。具体的には、周辺の雑音や音声をリアルタイムに解析することで、不必要な音声を消去し、人間の発話データのみを送信する技術となります。

特許に関する情報
・出願番号: 特願 第2018-187677号
・登録番号: 特許 第6742640 号
・登録日: 令和2年7月31日
・発明の名称: 携帯通信端末、プログラム、および携帯通信端末の制御方法

プレスリリース本文

この記事が良かったらシェア!