Behavoxの音声認識と音声処理技術が50年前のアポロ11号の宇宙テープの解釈に成功

AIデータ操作プラットフォームを提供するBehavoxは、NASAのアポロ11号ミッションの50年前の非構造化音声データを、最先端の音声検出技術を用いて解釈することに成功したと発表。

Behavoxはこの分析で、自社の音声認識と音声処理ソリューションが、質の悪さ、粒状性、消音性に関わらず、あらゆる通信データをシームレスに分析することに適していることを実証。

Behavoxの音声チームは、テキサス大学ダラス校のロバストスピーチセンター のアポロ11号ミッションの19,000時間分の生アナログ音声を参加者に提供するFearless Steps Challengeにおいて、複数のカテゴリーで競合他社を抑えて上位にランクイン。大規模な研究、テスト、実験を経て、Behavoxは録音から1,000時間分の音声データを抽出し、音の切れ目、無音、バックグラウンドノイズ、歪んだ音声を除去することに成功。

Behavoxのチーフデータサイエンティスト、アレキサンダー・グラスマン氏は「Behavoxの音声チームがこれらの歴史的な録音物を使って当社の技術のテストをし、成功を収めたことは、当社の音声認識と音声処理ソリューションの強さとレジリエンスを証明しています。宇宙飛行士と地球上のオペレーションチームの対話と、金融取引を実行するために急いでいる慌ただしいトレーダー間のコミュニケーション、あるいは忙しいZoomミーティングにおけるコミュニケーションの類似性は、驚くほどよく似ています。これだけ私たちが投資してきた技術が、地球上だけでなく宇宙でも機能することを嬉しく思います。」と話した。

分析結果の中で最も注目すべき点は、1,000時間の音声を手動で書き写すのには約4,000時間かかるのに対し、ビヘイボックス社の音声認識技術はわずか10時間で文字起こしを完了したという。

プレスリリース本文

この記事が良かったらシェア!