カーネギーメロン大、ウェイクワードを使わずにスマートスピーカーが話しかけられていること認識できる技術を開発

カーネギーメロン大学は”OK Google”や”Alexa”などのスマートスピーカーのウェイクワードを使わずに、スマートスピーカーが自分に話しかけられていることを認識・起動できる技術を開発した。

精度は90%程度と低いが、ウェイクワードを使う不便さを解消する方法として、音がするの方向によって変わる音声の周波数成分に着目。スマートスピーカーに向けられた音かどうかを判別することで、ウェイクワードを使わない方法を提案している。

この記事が良かったらシェア!