NTTドコモ九州、久留米工大と5Gを利用した対話型AI自動運転車いすの共同開発を発表

久留米工業大学、NTTドコモ九州支社は、久留米工業大学が提供する、対話型AI自動運転車いすパートナーモビリティ、の自律走行において、5Gを活用した「リモート手助け」の協働検討に関する覚書を締結したと発表。
「リモート手助け」とは5Gを活用した高精細な映像伝送や遠隔操縦を用いて遠隔地のスタッフが手助けすることにより、介助者なしでも自由に移動できる技術。

5Gとドコモオープンイノベーションクラウド(dOIC)を経由したクラウドとのダイレクト接続を利用することで高精細かつ低遅延な映像伝送により遠隔操縦の安全性と信頼性を高める。また「エッジAI対応5Gデバイス」を開発、障害物検知機能や、遠隔地に映像を伝送する際、映り込む人の顔にぼかしを加えた状態で転送するプライバシー保護機能などのAI処理機能を用いることで、パートナーモビリティの自動運転を補助する。

久留米工業大学は国内メーカー各社と連携してパートナーモビリティの開発を進め、2017年から全国各地で実証試験を進めてきた。パートナーモビリティの自動運転機能は久留米工業大学が開発した福祉分野向けのモビリティシステムで実現しているが、走行する通路の状況によっては自動運転が難しい場面も発生している。走行通路上の人混みや障害物で自己位置認識が難しい場所、デジタルマップが存在しない場所などでは、自動運転車いすがその場から動けなくなってしまうことがあるという。また、利用者の急な体調変化などの特別な支援が必要なケースなど、自動運転が難しい場面や何らかの支援が必要とされる場面において、リモート手助けの実現を目指す。

プレスリリース本文

この記事が良かったらシェア!