Amazon、Alexaにユーザーの意図を推測して尋ねる機能を追加

Amazonは、ユーザーのリクエストのあとに求めるスキルを推測する機能を追加するアップデートを行ったことを明らかにした

Amazonはこのプロセスを「[推測]顧客の潜在的な目標(“[inferring] customers’ latent goals.” )」と呼んんでいる。これは、他のクエリによって暗示される質問を解決することを意味する。

アマゾンは、「お茶を浸すのにどれくらい時間がかかりますか?」と尋ねる顧客の例を示した。
Alexaは、フォローアップを依頼する前に「5分」と答え、その後「タイマーを5分に設定しますか?」とユーザーに尋ねる。

Amazonはその他サードパーティスキルでの例もあげた。

CNBC

ユーザー:{X}の株価はいくらですか?
Alexa:月曜日に市場が閉まったとき、{X}は前回の終値から1.99%下がった201.15ドルで取引されました。
Alexa:CNBCスキルから{X}の日中の高値を知りたいですか?

TEDトーク

ユーザー:今日、歴史の中で何が起こったのですか?
Alexa:1980年5月18日…
Alexa:ちなみに、TEDトークスキルで歴史に関するトークを検索できます。それらを引き上げたいですか?

Ultimate History Quiz

お客様:第二次世界大戦はいつ終わりましたか?
Alexa:第二次世界大戦は1945年9月2日に終了しました
Alexa:Ultimate History Quizで歴史の知識をテストしてみませんか?

この機能による推測のずれによるユーザビリティへの影響はないとは言えないが、Alexaとの会話をより自然にすることはAmazonの長期的な目標の一部であり、ユーザーとしても期待する部分である。

この記事が良かったらシェア!