ユーザーローカル、声から感情を読み取る、音声感情認識AIを提供開始

株式会社ユーザーローカルは、ディープラーニングによって音声から感情を読み取る「音声感情認識AI」を11月19日から無償提供開始することを発表。マイク付きPC端末のWebブラウザ(Google Chrome、FireFox、Edge)でこのサイトにアクセスし、数秒の声を録音するだけですぐに利用できる。

マイクで音声を入力するか、声が入ったWAV・MP3ファイルをアップロードすると、大量の音声データをディープラーニングに学習させた人工知能が「平穏」「幸福」「怒り」「悲しみ」「恐怖」「嫌悪」「驚き」の7感情に分類し、それぞれの成分を数値化したりグラフ化することが可能。

実験として、アニメやドラマの名セリフを試した結果が以下。

たとえば、今人気の映画「鬼滅の刃」煉獄杏寿郎の「よもやよもやだ 柱として不甲斐なし」というセリフは、嫌悪35%と幸せ29%の感情を含んでいるとAIは判定。ドラマ「半沢直樹」の大和田暁のセリフ「死んでも嫌だね」は、怒り41%、恐怖25%という結果となった。

リリース本文

この記事が良かったらシェア!