ボイスコマース型モバイルオーダーペイ、自走型パーソナルロボットリモート接客などの新たな体験ができるリアル×デジタル体験型店舗「AZLM connected store」がオープン

AIソリューションを提供する株式会社ヘッドウォータースは、次世代型商業施設プロデュースを提供する株式会社コルレオーネ・インベストメント・ジャパンがプロデュースする新たな体験型店舗「AZLM connected store(エイゼットエルエム・コネクテッドストアー)」、ストアDXにおけるテクノロジー提供を行ったと発表

「AZLM connected store」は、アパレル、服飾雑貨、インテリア雑貨、食品、コスメなど約200~300種類の商品を揃える期間限定の「新たな気づきをもたらす」をテーマにした体験型店舗。

「Amazon Pay」を活用したボイスコマース体験や、スマートフォン・スマートスピーカーによる商品説明、 自走型のパーソナルロボット「temi」によるリモート接客など、時代にマッチしたサービスを提供する。

完全キャッシュレスの支払いを実現し、スマホひとつで気軽にショッピングを楽しめる上、大きな商品は自宅への発送も可能という。

ユーザーはスマートフォンでAmazon AlexaアプリのAlexaスキル「AZLM CONNECTED STORE」を有効化し、「アレクサ、コネクテッドストアを開いて」と話しかける事で、「AZLM connected store」に展示されているアイテムの説明を聞いたり、Amazon Payと連携する事でそのままアイテムの注文・決済を行う事ができる。

注文が完了すると店頭スタッフへ自動的に通知が行われ、登録されている住所に配送される。また、オープン特典のクーポンと交換ができる引換券の発行も同時に行われる。

アイテムはリアル店舗とデジタル上でタグナンバーを紐づけており、誤認識率を低減させている。
ユーザーはストアでアイテムの実物を見た後に、音声だけでECサイトのように買い物ができ、荷物を持つ負荷から解放されるだけでなく、店舗運営企業は完全キャッシュレス対応によりスタッフの労力低減に繋げる事ができるという。

Alexaスキル「AZLM CONNECTED STORE」

また、パーソナルロボット「temi」は、自動的に障害物の回避を行ったり、地図を作成して目的地登録を行うほか、自動運転によるナビゲーションや案内をする。
「temi」をストアに複数台設置されており、遠隔操作とリモート接客を行うことができる。
店頭スタッフがお客様の動きを見てリモコンのようにtemiを動かす事もできるが、temiでビデオ通話を起動し、スタッフが在宅勤務環境からリモートで接客を行ったり、出品者であるメーカーが離れた場所からでも自ら商品説明を行う事で、コロナ禍におけるストアビジネスの新たな働き方を提供する。

ショップ情報

店舗名:AZLM connected store(エイゼットエルエム・コネクテッドストアー)
オープン日:2020年11月16日(2021年1月29日までの期間限定)
住所:〒220-0005 神奈川県横浜市西区南幸 1-5-1 ジョイナス 4F
営業時間:10:00~21:00
定休日:不定休(ジョイナス休館日に準ずる)
URL:https://www.mujin-ai.com/azlm

リリース本文

この記事が良かったらシェア!