Googleアシスタントの運転モードが1年遅れて米国で開始、しかしまだプレビュー

Googleは、Android Autoを包括的にリワークしたGoogleアシスタントの運転モードのプレビューを開始したことを明らかにしました。Google I / O 2019でドライビングモードの構想を発表しており、1年越しでの展開となりました。

Googleアシスタントの運転モードは、AndroidAutoをオプションとして搭載しているすべてのAndroidスマートフォンで設定できます。
Googleアシスタントの新しいインターフェースは、コミュニケーション、エンターテインメント、ナビゲーションを処理するためにドライバーが画面に注意を払うことを最小限に制限することを目的としています。

例えば電話がかかってきたときは音声アシスタントが着信をアナウンスし、ドライバーは電話に出るかどうかや、受信したテキストメッセージを読み上げ、必要に応じて応答するテキストを指示できます。以前と同様に、ドライバーはGoogleアシスタントで音楽の再生の指示もできます。

この記事が良かったらシェア!