自律型ヒューマン支援ロボット「アイオロス・ロボット」にアドバンスト・メディアのAI音声認識エンジンが採用

株式会社アドバンスト・メディアは自社のAI音声認識エンジンAmiVoiceが、Aeolus Robotics Corporationの自律型ヒューマン支援ロボット「アイオロス・ロボット」に採用されたと発表。日本語・英語の音声認識を行い、介護スタッフの業務を支援する。少子高齢化の進行によって、2025年には日本の人口の4分の1が75歳以上となる超高齢社会を迎えようとしており、このような「2025年問題」に対して、厚生労働省や総務省では、医療・介護業界でのIT活用を国の重要施策として推進している。

Aeolus Robotics Corporationは、介護業界におけるIT活用を目指して、2018年11月より介護施設にて「アイオロス・ロボット」の実証実験を開始していた。

アイオロス・ロボット」は、高度なAIセンサーを搭載し、さまざまな機能を備えた自律型ヒューマン支援ロボット。見守り、運搬、紫外線消毒、緊急対応などの業務をスタッフに代わって担うことできる。

プレスリリース本文

この記事が良かったらシェア!