AI Shift、福井県庁の道路規制に関する問い合わせの電話応対自動化AIを提供。福井県・サイバーエージェントと共同で実証実験を開始

AI対話ソリューションを提供する株式会社AI Shiftは、福井県、株式会社サイバーエージェントと共に、AI自動音声対話システム「AI Messenger for Voice」を活用した電話応対の自動化に関する実証実験を2020年12月21日(月)より開始したことを発表。

福井県では自然災害の発生件数や被害額が年々増加しており、防災分野におけるAI・IoTの活用が急務となっている。これまで、大雪・天候等の影響により県管理道路の通行規制を行う場合、福井県庁が提供するホームページ上で、県民やドライバーの方々に規制路線や規制時間などの情報提供を提供していたが、県外から往来するドライバーを中心に、電話での問い合わせが一定数あり、その都度、県庁職員がホームページ上で規制情報を確認する必要があるため、お問い合わせの回答に時間を要していたという。

このような状況を改善するため、当社はAI音声対話サービス「AI Messenger for Voice」を提供し、サイバーエージェントと共に、福井県における道路規制情報の問い合わせへの電話応対の自動化を目的とした実証実験を実施する。

「AI Messenger for Voice」は、AIチャットボット「AI Messenger」の開発において培ってきた対話戦略技術に、音声認識・音声合成技術を組み合わせることで、従来の音声ガイダンスとは異なり人間に近いインタラクティブな会話を可能にする電話応対の自動化サービス。

プレスリリース本文

この記事が良かったらシェア!