フュートレック、声による本人認証や利用者ごとのサービス提供を可能にする声認証SDKのバージョンアップ版の提供を開始

株式会社フュートレックは、声認証SDKのバージョンアップ版を2021年1月より提供開始すると発表。このSDKは、2019年6月から提供を開始した「声認証SDK for パーソナライズ」の性能改善バージョンアップ版。
この度開発した技術では、従来の“標準声情報”を用いた声認証方式に加えて、当社独自のアルゴリズムを組み合わせることにより、従来のSDKでは判別が困難であった1秒程度の短いフレーズの認証性能が大幅に改善。さらに、マスク着用時の声や双子の声の認識性能についても従来のSDKより大幅に性能改善されたことを確認しているという。

プレスリリース本文

この記事が良かったらシェア!