年率70%成長する中、中国が存在感を増す世界のスマートスピーカーシェア

調査企業Strategy Analyticsの最新レポートによると、2019年の世界のスマートスピーカ−販売台数は1億4690万台に上り、2019年から70%上昇したとのこと。
アマゾンがトップシェアを堅持しつつも、前年の33.7%から26.2%に減少。グーグルも 25.9% から20.3%に減少したが2位を維持。
一方中国のBaidu、Alibaba、Xiaomiの3社は3位から5位のシェアを占め、後発のAppleは4.7%と6位のシェアとなった。
以下が2019年の各社の出荷シェア


1. アマゾン 28.3% (Y/Y成長率 16% )
2. グーグル 24.9% (Y/Y成長率 20%)
3. バイドゥ 10.6% (Y/Y成長率 171%)
4. アリババ 9.8% (Y/Y成長率 94%)
5. シャオミ 8.4% (Y/Y成長率 167%)
6. アップル 4.7% (Y/Y成長率 65%)

この記事が良かったらシェア!