子供向け音声認識のSoapBox Labsが580万ユーロを調達

世界で最も正確で使いやすい子供のための音声技術を標榜するアイルランドのスタートアップ、SoapBox Labsが580万ユーロを調達したとのこと。

同社は2013年に設立され、2019年にはWired誌によってヨーロッパで最もホットな新興企業の1つに選ばれました。また、創設者兼最高経営責任者のPatricia Scanlonも、Forbesによって世界のハイテク企業トップ50の1人に選出されたことがある。

同社の製品は「Siri for kids」と呼ばれており、3歳から12歳の子供に特化したAIベースの音声認識プラットフォームで、サードパーティーのハードウェアならびにアプリ開発者たちにAPIを提供している。現状の対応言語は英語のみとのこと。
応用範囲は、Edtechや教育アプリ、IoT機器、スマートトイ、AR/VR体験など様々。

同社はこれまでに30社とのグローバルライセンス契約を結んでおり、収益の目処が見えてきているとのこと。

この記事が良かったらシェア!