文字起こし音声認識エンジンRossa Voiceを展開する日本のスタートアップ、シナモンがシリーズCで約13億円を調達

AIソリューションを提供する株式会社シナモンは、既存投資家であるD4Vの運用するファンド及び米ペガサス・テック・ベンチャーズの運用するファンドを主要株主とする第三者割当増資、及び株式会社三井住友銀行、株式会社日本政策金融公庫、株式会社商工組合中央金庫からの融資により総額約13億円の資金調達を完了したと発表。また、株式会社三井住友銀行、株式会社日本政策金融公庫、株式会社商工組合中央金庫からの融資も実施し、資金調達額は合計で約13億円となった。

音声認識エンジン「Rossa Voice(ロッサ・ボイス)」の概要

Rossa Voiceは、様々な録音環境や専門用語、文脈をチューニングすることで、高精度な文字起こし音声認識を実現している。更に自然言語処理技術を組み合わせることで、情報抽出、要約、分析等々などの音声認識後の工程までのサービスを提供している。
また、社内システムとことで、単なる文字起こしで終わらず、業務の生産性を本質的に向上。オンプレミス・クラウドともに導入可能。

プレスリリース本文

この記事が良かったらシェア!