インド・ムンバイの研究者チーム、音声だけでコロナ感染を高い精度で検出するアプリを開発

海外の医療系情報サイトMedical Dialoguesの報道によると、インドのDYパティル大学の研究者チームが、発声することでコロナ感染を検出するAIを利用したスマートフォンアプリを開発したとのこと。

コロナ感染の検出をスマートフォンのアプリだけで数分で診断でき、アプリ内で待機している医師からのアドバイスを受けることができる。

イタリア・ローマのTor Vergata大学ではこのアプリを既に300人程度でテストしており、98%の感染検出結果が得られているとのこと。

このアプリは検査したユーザーの音声を周波数やノイズ、歪みなど、複数のパラメーターで分解。
これらの値を健康な人の値と比較、特許取得しているAIをベースとした独自技術で陽性かどうかを判断するのこと。

以前当サイトでも紹介したイスラエルのVoice Tech スタートアップVocalis Healthも同様の技術を開発しており、インド・バンガロールの研究者チームも、咳や呼吸音の分析に基づいた診断ツールの開発を急いでいるのこと。

この記事が良かったらシェア!